久喜市栗橋地区の紹介

久喜市栗橋地区について

 首都圏から約50キロメートルに位置し、周囲を利根川、中川、権現堂川の3つの川に囲まれた人口2万7千人の埼玉県の北東部に位置する地区です。

 交通機関は、鉄道の駅「栗橋駅」、「南栗橋駅」2駅を有します。「栗橋駅」はJR宇都宮線・東武日光線の2線が乗り入れ、都内と約1時間で結ばれています。道路は国道4号(日光街道)・125号、さらに主要地方道さいたま栗橋線が縦横する埼玉県北東部の交通の要衝になっています。

 このため、現在でも人口はゆるやかに増加しており、増加率は県内でも上位に位置しています。今後も、栗橋駅西地区・南栗橋駅周辺地区を中心に人口の増加が続く事が予想されます。

kurihashi.jpg
LinkIcon久喜市栗橋マップ.pdf

久喜市栗橋地区へのアクセス

車でお越しの方

●東北自動車道
…加須ICから、国道125号線を栗橋方面へ
向かい約10分。

…久喜ICから、県道3号線(さいたま栗橋線)
を栗橋方面へ向かい約20分。

電車でお越しの方

●JR宇都宮線「栗橋駅」
…上り 上野・新宿から約55分、大宮から約30分。
…下り 宇都宮から約60分、小山から約30分。

●東武日光線「栗橋駅」
…上り 浅草から約60分、春日部から約30分。
…下り 東武日光・東武宇都宮から約60分。

●東武日光線「南栗橋駅」 ※東武線の始発駅です。
…上り 浅草から約55分、春日部から約25分。
…下り 東武日光・東武宇都宮から約65分。

久喜市栗橋地区の歴史

takasebune.jpg
 古くは、日光街道の要衝として箱根(神奈川県箱根町)・碓氷「うすい」、(群馬県安中市松井田町と長野県北佐久郡軽井沢町との境)・と並び日本の3大関所の1つとして栗橋関所(埼玉県久喜市)が置かれ、古くから人やもの、情報が行き交う場所として発展してきました。明治2年に関所が廃止されるまでの間、宿場町として、また舟運の町として栄えてきました。

 明治18年に鉄道が敷かれ、翌19年には利根川鉄橋が完成し鉄道の発展に伴い宿場町から商工業と農業中心の地区として発展してきました。

 昭和32年に、栗橋町・静村・豊田村が合併し同地区になりました。また平成22年3月23日に、久喜市・菖蒲町・鷲宮町・栗橋町が合併し、栗橋町は「久喜市」となりました。


久喜市栗橋地区の観光ガイドについて

詳しくはこちらへLinkIcon


久喜市栗橋地区のイベント情報について

詳しくはこちらへLinkIcon


久喜市栗橋地区の特産品について

詳しくはこちらへLinkIcon


header_title_logo.jpg

baner_stamp.png

baner_minami.jpg

h_logo.jpg

inoue.jpg

yokoi-rogo120.jpg

JA.jpg

logo_feelplus.png